ヤングイラストレーターズアワード2016!

アワードについて

ヤングイラストレーターズアワードはコンテンポラリーイラストレーションとグラフィックアートにおける国際的に有名なコンペの一つです。アーティストやクリエイターの制作活動をサポートし、将来のキャリアに繋がる国際的な活躍の場を提供します。

「ヤング」というのはコンペのタイトルに過ぎず、応募について年齢の上限はありませんが作品には「新鮮さと斬新さ」を求めます。

世界中でまだ発掘されていないヴィヴィッドなセンスを持ったアーティストやクリエーターを見つけ出し、海外進出を促進する事がヤングイラストレーターズアワードの目的です。現代の美的感覚と国際センスを証明するための重要な任務だと考えています。

部門

イラストレーションとグラフィックの現代のトレンドに合わせた3部門を用意しています。

ー イラストレーション(パターンデザインを含む)

ー アニメーション

ー ブックイラストレーション/ブックアート

応募対象者
ー イラストレーター

ー ビジュアルアーティスト

ー パターンデザイナー

ー グラフィックデザイナー

ー アニメーションアーティストまたはキャラクターデザイナー

ー ブックアーティストまたはブックイラストレーター

ー グラフィックアーティスト

ー 図案者(ドラフトマン)

ー コミックアーティスト

応募対象作品

イラストレーション、グラフィックアートまたはインスタレーションプロジェクト、アニメーション、ブックアート作品等が応募の対象となります。以下の作品形態での応募が可能です。

ー イメージ

ー アニメーションフィルム

ー ブックオブジェクト

30名がヤングイラストレーターズアワードの候補者として選出されドイツ、ベルリンで行なわれる次回のIllustrative Festivalで作品を紹介されます。上位3名の受賞者には賞金6,000ユーロと翌年のDirektorenhausの奨学金プログラムに参加する機会も与えられます。Direktorenhausの奨学金プログラムには、他の受賞者と共に2ヶ月間ベルリンのアーティストハウスに滞在し制作を行なうプロジェクトも含まれています。プログラムの終了時にはベルリンで展示会も行います。

背景

Illustrative Festival

ヤングイラストレータズアワードは、Illustrativeで年に一度行なわれるアートフェスティバルの為のプロジェクトです。Illustrative Festivalは若いアーティストをサポートし、ジャンルにとらわれず現代のグラフィックやイラストレーション、アニメーションの目に見える創造性を提供することを目的としています。

フェスティバルは現代のイラストシーンの最先端を表現しています。フェスティバルの参加者はヤングイラストレーターズアワードの審査員でもあるキュレーターのPascal Johanssenによって毎年選出されます。世界のイラストレーションやグラフィックアートにおける全てのスペクタクルをひとつのキュレーション展のハイライトとして紹介する事がIllustrativeのアイデアです。フェスティバルのテーマはユニークです。一般の感心と認識を取得し次世代の”革新的ビジュアルカルチャー”を支援する事を目的としています。

ヤングイラストレーターズアワード2015 応募受付

ヤングイラストレーターズアワードは、現代の創造力と革新性を発見する最も有名なコンペティションです。アーティストやクリエイターが世界的認知度を高め国際的なプラットフォームで活躍できる場を提供しサポートしています。3つの異なった部門で才能を選定し、イラストレーションやグラフィックを通して現代のトレンドを指し示します。

イラストレーション、グラフィックアート、アニメーション、ブックアートが対象となります。2015年1030まで応募を受け付けています。

候補者は国際的なアートディレクター、専門家、エディターによって選出されます。

アーティストのリストは2015年11月初旬にIllustrativeのウェブサイトにて発表します。

ヤングイラストレータズアワードは、若いアーティストをサポートし、ジャンルにとらわれず現代イラストレーション、グラフィックアート、その他のデザイン部門において目に見える創造性や可能性を提供することを目的としたIllustrative フェスティバルのプロジェクトです。

Login Here